バンドを続けようと思ったきっかけ

MUSICVIDEO.LABO(ミュージックビデオラボ)[note]
映像クリエイターの早川です。

ここ最近、アイドルさんのミュージックビデオを
毎日観る日々が続いている中、
アイドルのドキュメンタリー映像にたどり着いた。
そのアイドルは「乃木坂46」
少し頭を休めたいときや、仕事終わりの寝る前に
少しずつ見ていました。

内容はオーディションに受かってからの日々の記録。
とても壮絶で目紛しい映像でした。

その映像を眺めていたら、自分が初めてライブをした時のことを思い出しました。

高校一年生。

「高校生になったらバンドをしてみたい」
その時は自分がまだ音楽に人一倍興味があったことすらわかっていなかった。
ただ、高校に入ったら楽器に触れる機会が減ることが怖かった。
だから、ギターを弾くようになった。

ライブまでの練習はとても楽しく、メンバーと一緒に夜通し練習したり、
スタジオ帰りに意味もなく海に行って、
「バンドマンっぽい?」と楽器片手にチェキで写真を撮ったりしてた。
チューニングの意味すら全く知らなかったバンドマンww

そしていざ初ライブ。
リハーサルでPAからの洗礼を浴びて本番は緊張しまくる。
だけど、曲は始まってしまって、ギターを鳴らした。
学校の友達が目の前で自分たちから出てる音に反応してくれた。
周りを見たらメンバーがみんな各々の演奏や歌を歌ってた。
「一人じゃない!」そう思えた時、僕のテンションはぶち上がった。
練習以上に指が動いて、練習以上にグルーブが出た。(自分ではそう感じた)

目の前が見えないぐらい、浴びたことのない光の中のギターソロ。
学校の友達は最高に盛り上がってくれた。
その時、今まで感じたことのない快感を感じてしまった。

初めて「俺かっこいいんちゃうん!!」て思えた。

そこから僕の音楽人生が始まった。
あの快感を未だ僕は忘れられない。


“ミュージックビデオを、もっと気軽に”をモットーに
元バンドマンの映像クリエイターが立ち上げた、
MUSIC VIDEO.LABO[note](ミュージックビデオラボ ノート)
大阪・神戸を拠点に愛知、広島、福岡、東京など全国にて展開中。
安い価格で高いクオリティーの映像をお作りいたします。

お気軽にお問い合わせください。

(LINEからのお問い合わせも受付中!)